例:

天野倫太郎 WORLD WORK WAR プロジェクト 天野大学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特定商取引に関する表示」

商品名、機関名: 天野大学

運営責任者所在地: 東京都西東京市西原町1-3-2-302

電話番号: 050-5240-4092
(お問い合わせはメールにてお願いします)

お問い合わせ: www★millionth-ex.com ★をアットマーク(@)に変更してご連絡ください。

URL:  http://world-work-war.com/sl/13

支払い方法: 銀行振込、クレジット決済: 銀行振り込みの場合は、お振込み手数料/分割決済をご選択頂いた場合は分割手数料がかかります。

商品代金以外に必要な費用: 代金支払い5日以内に案内をお渡し。開校は4月3日~となります。

商品引渡し時期: 代金支払い5日以内に案内をお渡し。開校は4月3日~となります。

返金に関する記述:  お申し込み後の返金、キャンセルはいかなる理由であってもお受けできません。

表現、及び商品に関する注意書き:  本商品に示された表現や再現性には個人差があり、

必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

効果には個人差があることをご了承のうえお買い上げください。

商品の性質上、当商品をご利用されていかなるトラブル・損害が発生しても、 当方では一切の責任を負えませんので、ご了承下さい。

無料オファーのLPの URL :  http://world-work-war.com/lp/1/ (一般向けのLP) 

http://world-work-war.com/lp/2/ (40歳~80歳のミドル及びシニア向けのLP)

入学金:早期入学奨学金制度: 通常 500,000円。 早期入学 300、000円。 (3月13日、23時59分まで。授業優先参加権利あり)

ラストチャンス:150,000円。(3月17日、23時59分まで。MBO258システム完全習得プラン)。半額値引きです。

 

   天野倫太郎 WORLD  WORK  WAR プロジェクト 天野大学    詐欺 危険 返金 口コミ 暴露レビュー

 

「はじめに」

こんにちは。kabankalanです。

今までのとは、違った名前のwwwとかいう無料オファーが来ていましたので、動画を見て検証したいと思います。

あなたを「お金の悩みから救う」社会解放プログラムとか、元国立大学助教授とか、ちょっと興味を引く文言があります。

しかし、第1回動画でバイナリーオプションと明かされるとまたかとがっかりしました。

このサイトでも以前に取り上げたバイナリーオプションの案件では、参加者が稼げないとか、騙されたとか、

返金してくれないなどと言うコメントがあり、被害者の会も立ち上がっているそうです。

悪徳業者は、巧妙にストーリーを作り、誰でも簡単に稼げるとアピールしています。

だから、視聴者もそれならと言う安易な気持ちで参加してしまったということのようです。

このオファーは、超誇大広告で、動画では難しい専門用語を駆使していかにも元国立大学助教授らしく一方的に話をしているので

視聴者が難しくて理解出来ないので何回も動画を見ないと駄目なようだと感じました。

また、動画が長くて宣伝が多いので正直疲れました。

 

これまでに当サイトで掲載した「バイナリーオプション」の無料オファーとそれから誘導された高額塾の案件です。

*前川優太:ワンオプションビジネス。高額塾。298,000円。2016年11月13日掲載。

*神藤真也:QC クワッドコネクション。高額塾。通常400,000円。1時間以内、300,000円。

1時間以内一括、250,000円。2016年7月20日掲載。

*田中晃:2TMC、2タッチミリオネアクラブ。高額塾。387,000円。3日以内、178、000円。

6時間以内、147,000円。2016年5月7日掲載。

*平田淳:みんなの4Kスクール。高学塾。374,760円。2016年1月17日掲載。

 

「キャッチコピー」

現在資産17億8900万円の元国立大学助教授が主導する全人類1200万円獲得プロジェクト。

誰でも1日30分の学習時間さえ取れれば、年収1200万円も稼ぎ出せるWORLD WORK WARならそれが可能。

WWWによって月収100万円、年収1200万円を稼いでもらい、それを確約する。

138年の歴史を持つ、禁断の手法によってたった3年で参加者187名全員に

年収1200万円を達成させた史上空前の人類救済プロジェクト。

 

WWW「第1回」 「1時間39分56秒」   視聴回数:1811回

インタビュアーの佐野稔氏は、今回は1個人として出演するそうです。

天野氏は、「日本は国家存続の危機に瀕している」と冒頭から大きな事を言い出した。

1番の危機は、仕事と生活についてで、あの電通に勤めた若い女性が過労で自殺したことをあげた。

天野氏は金についての悩み、仕事の仕組みを変え、革命を起こすそうです。

WWWによって月収100万円、年収1,200万円を稼いでもらい、それを確約する。

佐野氏がWWWプロジェクトは何かと質問すると、天野氏はいきなり紙袋からお金を取り出した。

このお金は、システムを使って2週間で稼いだお金で2,341万円あるそうです。

また、銀行通帳を佐野氏に見せてカメラ撮影を許可します。

通帳の残高は、大体1億4千4467万319円ありました。 

(この通帳の残高は天野氏のお金だと言う証明にはなりません。)

佐野氏がこのプロジェクトのきっかけは何かと質問すると、

天野氏は、お決まりの悲劇のストーリーを語り始めました。

佐野氏が、このプロジェクトの具体的な正体は何かと質問すると、天野氏は、大衆心理を用いた

MBOでマインド・バイナリーオプションと言いました。

佐野氏は、しばらく絶句した後、バイナリーオプションのマイナスイメージは半端でないと言いました。

天野氏は、大衆心理を用いたバイナリー・オプションだから

今までのバイナリーとは違うと力説しました。

私のMBOは、1分の取引は使わない。3分と5分で行うもので、5回に3回勝てば良いのです。

それから、1時間4分ぐらいから、説明画面になり、MBOの概要、チャートは大衆心理によって動く。

何故動くのか?どこで動くのか?誰の影響で?すべての為替の動きには理由がある。

その一番の理由は、人の心理です。

佐野氏は、天野氏のMBOの投資実践を見たいと言い、天野氏も同意します。

1時間12分ぐらいからチャートでのエントリーが始まりました。

天野氏は5000円からチャートでエントリーして、それが9,520円で確定して

それから6回ぐらい実践して合計で107,000円を稼ぎました。 (しかし、証拠画像を提示していません。)

天野氏はチャートのどこでどのような時にエントリーするのか視聴者に教えなかったので

天野氏と佐野氏だけで実践していました。

勝ったのか負けたのか我々には、わかりません。

初心者の方も大勢見ているわけですから、初めに教える必要があると思うのですが。

私は、ここで天野氏を信用出来ないと思いました。そして佐野氏にしても視聴者より夢中になって

エントリーを見ていましたから、あまり信用出来ない人物だと思いました。

MBOのスタート・マシナリーを全員に無料配布するそうです。

また、WWWコミッション・セミナーを東京で無料で開くそうです。

参加人員は、15名で参加者には、天野氏が100万円用意してMBOを実践してもらうそうです。

稼いだ額は参加者のお金だそうです。

領収書を持って来た人には、交通費を支給するそうです。

最初の現金と言い、実践費を100万円配ると言ったり、現金を見せたり、

自分を金持ちに見せようとする演出です。

そういえば、前川優太氏もバイナリーオプションの無料動画で最初に1億円の札束を持って来ていました。

 

 

WWW「第2回」 「1時間6分53秒」   視聴回数:846回

佐野氏曰く、視聴者のコメント数が1万件?PVが1万件?

第1回動画の視聴回数は、1811回ですからPVの1万件はあり得ません。

天野氏は、参加者のコメントに返事を出しているそうです。

参加者の一部の4人のコメントを佐野氏が読み上げました。

18分から、www.プロジェクトの講義がありました。

 

「システム公開」

逆張り(反発・転換)を捉えるのが基本。

*逆張り: 株価急落したときに買う。株価の急騰したときに売る。株価の方向と逆に勝負する。

*ボリンジャーバンドタッチ:移動平均を表す線とその上下に値動きの幅を示す線を加えた指標。

*MACDのゼロラインクロス:テクニカルの基本中の基本。ゴールデンクロスとデッドクロスがある。 

*ストキャステイクスクロス:この指標は、株価の「売られ過ぎ」と「買われ過ぎ」を判断するための指標。

マインドハックシステムは、MBOの中で重要度が高い。

ローソク足:白い足(陰線)で下降。白抜きの足(陽線)で上昇。

赤領域は、買われ過ぎ。青領域は、売られ過ぎ。

27分頃から、佐野氏が実践のエントリーをした。

5,000円から始めて9回エントリーして36,000円稼いだ。 (証拠画像なし。)

7勝2敗だと言うが、我々視聴者にはよくわからない。1時間実践したそうだ。

どのチャートを見るのか?勝ち負けはどこで見るのか?詳しい説明が全然無し。

エントリーは、どのタイミングでするのかわからないので本当に勝ったのかがわからない。

いい加減な動画である。

しかも動画が鮮明でなくボケているのではっきりと見えない。

WWWのwebコミッションを無料で行うそうだ。

40名募集で、各自に20万円送金する。

動画でコメントをするだけで参加権利を持つそうです。

 

 

WWW「第3回」 「37分16秒」    視聴回数:517回

 

佐野氏が冒頭、今日まで自分で実践して稼いだ。プラス75,400円稼いだ。

(佐野氏が言うだけなので稼いだ証拠画像が無し。)

5分後にWWWコミッションセミナーを天野氏が開催した様子。

ビルの細長い部屋に参加者が15名集まり座っていて横に長い机に3人づつで縦に5列で15人着席している。

机上には、各自のDELLのパソコンがあり、為替のチャートが写し出されている。

正面には、大きなスクリーンがあり、参加者と同じ為替チャートが映っている。

初めに天野氏の挨拶があり、取引状態の説明があり、ハイに143万円エントリーしていて5分後に勝って取引終了した。

その後、参加者の取引が開始され天野氏が個人毎に説明した。

20分45秒し終了。

天野氏が皆さんの平均利益が81万円だったと発表した。 (証拠画像無し。)

終了後、28分まで参加者の男4人、女2人のコメントを話してもらう。

佐野氏が、参加者が幸せそうな顔をされていた?会場が湧いていたと言ったが違和感がある。

お金を賭けた実践にしては、皆さん静かで興奮も見られず、冷めた様子だったが。

次回、重大発表があるそうです。多分高額塾か何かでしょう。

「コミッションセミナーでのトレード画面」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WWW「第4回」 「1時間06分04秒」  視聴回数:527回

MBOシステムは、全部で258個ある。

最重要なものは、マインドハックシステムで第2回動画で説明した。

次に重要なものは、マインドサジェスション・システムで次のようなものからなる。

① ボリンジャーバンド:チャートのろうそく足を応用に構成された7本の線。

② 移動平均線:ろうそく足に沿って描かれる線。それぞれの線がクロスしたときにそこを起点として上昇か下降かの判断材料として使える。

③ MACD :青い腺に囲まれた領域。

④ ダウ理論:上昇トレンドは高値と安値が切り上がる。下降トレンドは高値と安値が切り下がる。

⑤ エリオット波動:赤線が上昇トレンド、青線が下降トレンド。

 5つの仕組みの条件が合った時にエントリーする。時間帯や通貨ペア―によって変化する。設定値やタイミングによって変化する。

 

マインドバイナリーオプション(MBO)の258項目を4つの体系にまとめた。

1.ベーシック:基礎

2.マインド:心理学解説、MBOの基礎。

3.エキスパート:1と2の応用。

4.マネー:稼いだ金額との向き合いかた。

大学の特徴について。

* 学習のフローチャート:天野大学の特別パンフレットの載せている。

*校舎を使用した授業。土曜、日曜、祝日に授業あり。

*大学の専用サイト用意。

*完全自宅学習フローチャートページ。

*卒業資格:MBOの258項目を学習して年収1200万円を稼いだ人が卒業出来る。

 卒業生は、天野ドリームキャピタルへ参加権利を得る。

 

*天野エントリーオーダー(救済措置)

 (動画で説明:28分50秒~36分20秒まで。)

エントリーのためにチャートに参加者が長時間張り付いているのを防ぐために天野と教え子たちがエントリーチャンスを配信する。

 1部:10:00~16:00

 2部:18:00~24:00

 注意点:1.エントリー判断を確認。

     2.エントリー条件がOK.

     3.エントリーする。

     エントリーチャンスを伝えるがあなたがエントリーを判断する。

(45分から46分まで。)

天野氏の決意表明。妹の描いた形見の絵を持って来て、家族全員を亡くしたので家族の前で誓う。

涙ぐみながら悲しいストーリーを語る。

(46分から60分まで。)

その話を聞いて佐野氏が号泣して語る。

日本人は、情が深い民族なので悲劇のストーリーに同情しやすい。

 

「天野大学カリキュラム」

 

 

 

 

 

 

 

「問題点1」この案件の業者は、RNVYC(ランビック)です。

この業者は、過去にバイナリーオプションの高額塾を販売してきました。インタビュアーは、佐野稔氏でした。

*佐藤誠 「猿真似ビジネス」

*神藤真也 「神藤塾QCクワッドコネクション バイナリーオプション」

神藤塾は、このサイトでも掲載しました。2016年7月20日掲載。

まだありますが、殆ど炎上して被害者の会が立ち上がりました。

RNVRCの責任者は、川村優之介という人物です。

 

「問題点2」天野氏の元国立大学助教授だった証明が一切ありません。

天野氏は、一般人と思われます。

天野氏は、如何にも助教授として見られる恰幅の良さがあり、また、外国通貨取引の理論に精通しているように見えます。

とにかく元国立大学助教授だと思わせる演技力で良く頑張ったと思います!

 

「問題点3」天野大学について

個人的な感想として、インターネットであれ「大学」と称するには、文部科学省に大学設立申請が必要だと思います。

授業科目として258科目があるそうですが、バイナリーオプションだけならこんなに多くの科目は必要ないと思います。

FXの取引をするなら、多くの知識と経験が必要ですが。

1日に4時間ずつ2回エントリー配信するそうですが、果たして簡単に勝つことが出来るのか?

参加者が配信メールを受け取ってから、エントリーするのは、あくまでも本人なので果たして勝てるかどうかです。

例えば「ハイ」の配信メールが来てもエントリーするまで相場が変化するのでエントリーしてから、「ロー」になって負けることもある。

だから、知識や経験がない初心者の場合、負け続ける可能性があります。

 

「問題点4」資産17億円もある人が、初心者や情報弱者に無料オファーを仕掛けるのは、何故か疑問があります。

資産17億円もあり、2週間で2300万円も稼ぐ人が問題のあるバイナリーオプションで無料オファーから「大学」と言う高額塾で学生を募集する意味が理解出来ません。

 

「問題点5」マインドバイナリーオプションは、何も新しい方法ではない。

バイナリーオプションに「社会心理学」を応用する「外国通貨取引」は、新しい取引法ではなく「テクニカル分析」や「ファンダメンタル分析」

などは、社会心理学や大衆心理を応用したものです。

ボリンジャーバンドやMACDや移動平均線などのトレード理論などは、以前からFXなどのトレードで使用されています。

 

「問題点6」日本では、バイナリーオプションに金融庁が規制をかけ、国民生活センターでは注意喚起を行った。

「金融庁のバイナリーオプションの規制スタート 2013年11月より」

「一晩で300万円稼いだ」――そんな夢のような本当の話が続出し、

FXよりも手軽にできてガッツリ稼げたバイナリーオプション(以下BO)だが、あまりに賭博性が高いとされたため、

’13年8月には日本独自の新ルールが設けられてしまい、同年11月には完全規制となった。

 特に「1分決済」、「10分決済」など短いスパンでのトレードが廃止、

「購入から2時間以上後の決済」となり一日の取引回数が限定され、得られる利益も減った。

 その結果、規制直後は「勝てなくなった」と投資家たちから見放されていた。

 ほか、口座開設には20問ほどのテストに合格しなければならず、

 投資経験年数が規定に満たなければ口座開設ができないなど新規参入への制限も設けられた。

 そもそも、BOは簡単にいえば「為替相場が提示された額より、上か下かを予想していずれかに投資する」というシンプルさがウリで、

 判定時刻までの間に円安か円高かを予想し、当たれば配当が得られ、外れれば投資金が没収されるという商品。

 配当金の中に手数料がきちんと含まれているのでFXのような心配もないが、

 規制はこうした「丁半博打」のようなギャンブル要素にブレーキをかける目的があった。

 

「国民生活センターの注意喚起」

海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意ください!-無登録業者との契約は行わないで!!

- 2014年9月4日公表

 「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外業者とバイナリーオプション取引を開始したが、

 出金を求めても応じてもらえない」といった相談が、

 最近になって全国の消費生活センター等に数多く寄せられています。

 バイナリーオプション取引とは、為替相場等が上がるか下がるかを予想するもので、

 取引期間終了時(権利行使期限)に事前に定めた権利行使価格を上回った(または下回った)場合に、

一定額の金銭(ペイアウト)を受け取ることができる取引です。

 予想がはずれれば、支払ったオプション料がすべて損失になりますが、短期間に繰り返し取引することができるため、

 損失額が大きくなるおそれがあります。

 トラブルになっている事例における相手方業者の所在地は海外にあります。

 日本の法律(金融商品取引法)では、日本の顧客との間で、

 バイナリーオプション取引などの店頭デリバティブ取引を業として行う場合は、

 海外業者も含め、金融商品取引業の登録が必要となりますが、

 これらの事例ではいずれも業者の登録は確認できていません。(注1)

 バイナリーオプション取引はリスクの高い取引であることを理解し、

 無登録の業者との契約は行わないようにしましょう。

  1.  (注1)原資産が商品の場合は商品先物取引法が適用される。

 

      参考:「一般社団法人 金融先物取引業協会

 

「問題点7」 バイナリーオプションの実情

日本は、インターネット後進国であり、インターネット法の整備が整っていないので、完全規制するため目下検討中です。

金融関係の国際会議でも、バイナリーオプションは、議論になっていてオーストラリアでも規制強化の動きがあります。

取引時間は、1分、3分、5分、15分、1時間などがあり、日本では2時間以上のみで1分、3分、5分などの短時間取引は、外国業者でしか出来ません。

ペイアウト(出金)率は、100%、80%、65%とかあります。80%が多いようです。

10、000円賭けて勝った場合、18、000円もらえますが、負けた場合、10、000円没収されます。

あまりにも客が勝つ場合、業者はペイアウト率を突然、下げて変える場合もあります。

また、業者は取引を常に監視して50万円以上出金する客のアカウントを停止します。

業者は、客が負けてくれれば喜び、勝ちすぎると業者の経営が破たんするので常に監視しているわけです。

勝率は、勝負すればするほど確率論における「大数の法則」によって確立は50%に近付いて行きます。

FXなどの外国通貨取引で儲けている人は、取引の知識や経験が豊富だから可能で、初心者がいきなりFXやバイナリーに

挑戦しても勝てるわけがないのです。

バイナリーで1か月に100万円稼ぐために勝率50%で資金が100万円で1万円づつ100回賭けたとして

半分の50回は勝つでしょうが残り50回は負けるわけです。

勝った50回分は、50回かける1万8000円で90万円になります。

残りの50回は没収されます。

単純に考えて100万円の資金を使って取引した場合、10万円の赤字になります。

だから100万円稼ぐためには、勝率60%以上が必要で少額の資金でこつこつ賭けたとしても100万円の利益を出すには、1か月では難しいのではないでしょうか。

 

 

「問題点8」ハイローオーストラリアについて

ハイローオーストラリアと言う業者は、オーストラリアのシドニーにあります。

この業者は、2014年、2015年に金融商品取引の無登録業者として金融庁から警告を受けています。

動画で天野氏が使用している裁量トレードの画面は、ハイローオーストラリアです。

天野氏がハイローオーストラリアを紹介するのは、天野氏が会員を紹介して業者に登録させると、1人につき30,000円もらえます。

もし、会員を100人紹介すれば天野氏は、300万円もらえます。

動画1本制作するのに100万円かかるそうですからおいしい収入になります。

ハイローオーストラリア口座開設

ハイローオーストラリア会社概要

 

「問題点9」神藤塾(バイナリーオプション)の被害者の会が立ち上がっています。

「神藤真也 QCクワッドコネクション 神藤塾」では、入塾者が稼げないので大炎上して「被害者の会」が立ち上がりました。

情報商材ネットビジネス総合掲示板」で被害者の方のコメンをご覧になって下さい。

又は、「情報商材ネットビジネス総合掲示板」のサイトで「ワード検索」で例えば「前川優太」とか

「神藤真也」を入れて検索するとその塾の被害者のコメントが沢山見られます。

 

 総合掲示板のコメントを見ると、塾生には、QC, BDSなどのシステムの情報を

提供したが、使いものにならない。

特典を送って来ない。神藤真也は逃亡? 料金回収には、脅迫、返金要求には無視。サポート不親切。

配信は1日2時間で多くて2回だが下手すれば2敗してしまう。 などの苦情が寄せられています。

参考:「インタビュアーの佐野稔氏のfacebook

   「決済会社・ランビックアフィリエイト・センター

 

「問題点10」前川優太絶対勝利塾(バイナリーオプション)の被害者の会が立ちあがりました。

「前川優太 ワンオプションビジネス 前川優太絶対勝利塾」に参加した塾生の方は、稼げないやらサポートがいい加減なので被害者の会を立ち上げました。

ある塾生の方が、下記の法学部卒業の方のサイト「詐欺商材 高額塾 返金方法」を見てサンプル通りに販売者に返金申し込みしたところ、返金されたそうです。

返金をしてもらおうと考えている方は参考になると思います。

情報商材ネットビジネス総合掲示板

詐欺商材 高額塾 返金方法

法律家マッチングサイト

 

「まとめ」

 このように、バイナリーオプションの商材は、稼げなくて被害者が続出しています。

この商材の高額塾に入るのは、慎重に考えた方がよさそうです。

バイナリーオプションに挑戦するより、個人的にはFXをお薦めします。

バイナリーオプションはギャンブルですが、FXは投資です。

FXは、知識と経験を身に付ければやがて稼ぐことが可能でまた、安い良い教材も沢山あります。

 

侍マトリックス39,800円。 

  100名様限定、残り3日。

 「いつでもどこでもスマホ1台で資産運用が可能、しかも自動で!」 購入者特典をお付けします。

4DFX-錬金スキャルロジック-」49,800円

  「相場からお金を生み出す」錬金タイムを変えてみませんか。 先着100名(残り29本)。

   購入者特典をお付けします。      

 

「評価」

 

  お薦めしない高額塾

 

 

6 Responses to “天野倫太郎 WORLD WORK WAR プロジェクト 天野大学”

  1. きょろ より:

    こんにちわ
    元国立大学の教授なら
    そのまま教授していたほうが儲かりそうですね。
    バイナリーオプションはやったことがありましたが
    稼げなかったですね。

    • sancarlos より:

      きょろ様

      こんにちは。コメント有難うございました。
      私も最初に疑問に思ったことは、本当に大学助教授なのかということで、
      辞めてまで詐欺商材を販売するのがおかしいと思いました。

      彼は、見たところまだ20歳代と思われます。大学の助教授になるには、詳しくわかりませんが、大学院で勉強して
      修士論文や博士論文を作成して合格する必要がありますね?

      それから11年も教授について助教授で頑張ったわけで30代後半になる筈ですが?
      それに教養科目の社会心理学の講義は、殆どの大学で講師を雇うのではないでしょうか?

      大学の助教授と言うふれこみがどうも胡散臭く感じました。

  2. 小林美穗子 より:

    わたしは、すでに80万円支出しました。
    領収書もきませんし、学生証も来ません。びんぼうなので、なけなしのお金を出しましたが、心配でたまりません。何とか助けていただきたいので、御返事をよろしくお願い致します。
    警察にとどけるべきでしょうか。被害者の集まりにsンかしたいので、よろしくお願い致します。早々。

    • sancarlos より:

      小林美穂子様

      天野倫太郎もやはり詐欺師でしたか。
      私の天野倫太郎のサイトで、「問題点10」に書いておきましたが、その情報源を読んでから、行動を起こして下さい。
      やりかたは色々ありますが、前川優太塾から返金させたsoaさんのように頑張った方もおります。
      以下の情報をご覧下さい。法律で戦えば意外に勝てるようです。

      「詐欺商材 高額塾 返金方法」

      「法律家マッチングサイト」

      「情報商材ネットビジネス総合掲示板」

  3. 神藤塾入ったっちゃ より:

    はじめまして。
     
    わたしは、神藤真也の神藤塾クアッドコネクション詐欺被害者です。
    神藤塾の被害者の会があることを知り、コミュニティーに参加をして入塾費の返金請求をし、返金されました。損害金や慰謝料はありません。
    今日までたくさんの被害者の人たちは、返金を勝ち取ってきました。
    ですがここ最近は個人的の請求に対して、神藤塾側は無視をするようになりました。
    弁護士を通して(第三者)の話し合いでの和解などを求めてきます。
    しかも全額返済でなく、3分の1・3分の2・2分の1など基準はわかりませんが、請求者によってバラバラです。
     
    最近、株式会社RVC代表・川村優乃介ひきいる関係者各位が、詐欺目的で消費者をだましていることがわかりました。
    様々な案件を出しますが、それらすべての登場人物など、撮影のために作られた人物だということです。
    神藤真也役をしている者は、関係者鈴木敏夫という人物が運営する会社の従業員の石田と言うこともわかっております。
    RVCが出す案件のコンテンツホルダーというコンテンツを作成している人間が鈴木敏夫という人間になります。 
    以前RVCが出していた案件に登場しておりました、あの鈴木敏夫です。
    数ヶ月ほど前にランビックアフィリエイトセンターのプロモーション『天野大学』というものも内容もバイナリーオプションでした。
    実はこの裏幕も川村優之介と鈴木敏夫です。
    演者の天野倫太郎という元大学教授と名乗っている人間はあくまでもプロモーション撮影のカメラマンアシスタントにすぎません。
     
    このようなことから私たち被害者は、RVC・鈴木敏夫各関係者(インタビューア佐野稔など)を告訴することになりました。
    告訴するにわたり、被害者を集めています。
    ひとりでは、費用などの問題で泣き寝入りしてきた人たちも、同志が集まれば問題の解決になると思いもす。
    まだ始まったばかりです。いろんな所から呼びかけていきたいです。
     
    ここの運営管理者さんにたどり着いたのも、被害にあった人たちに呼び掛けて頂きたく、投稿をしました。
    またこのような被害者を出さないように、これからのインターネット情報販売にメスを入れたいのです。
     
    株式会社RVC(ランビックアフィリエイトセンター)川村優乃介、及び、鈴木敏夫を告訴する同志を集めます。
    すでに返金・和解されている方でも、関係ありません。損害金・慰謝料など請求権はあると思います。
     
    皆様のお力を、かしてください。アドバイスなど教えてください。
     
    よろしくお願い致します。

    • sancarlos より:

      神藤塾入ったっちゃ様

      sancarlosです。返信遅くなり申し訳ありません。まずは返金勝ち取りおめでとうございます。
      本当に良かったです。他の方に呼び掛けていきます。出きる限り協力します。

      それにしても、川村優乃介、及び、鈴木敏夫は許せない奴らです。有罪に追い込みたいですね。
      前面的に協力します。

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

置手紙

管理人プロフィール

名前:Kabankalan

進撃の巨人 image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kabankalanと申します。
私は、アフィリエイトを2012年から始めました。インターネットビジネスで稼いでいく情報を集め、調査、研究をしています。
最近の傾向として動画を使用して巧妙にお客さんに買わせる詐欺情報商材の販売者が増えて来たように感じます。
このインターネット業界を正常に健全化するために少しでもお役に立てればと思っています。
今後ともこのブログをよろしくお願いします。

忍者アクセスランキング

i2i

忍者アクセス解析

忍者 画像RSS

最近のコメント

このページの先頭へ