例:

平田淳 みんなの4Kスクールは、本当に稼げるのか?

みんなの4Kビジネス 無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特定商取引に基づく表示

販売者: 株式会社COL

運営責任者: 平田淳

所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-13

電話: 03-6447-4542

メールアドレス: info@min4-c.com

販売URL: http://min4-c.com/hon/3/ippan/

販売価格: 374,760円(税込み)

   1日目申し込み:197,000円(税込み)

   2日目申し込み:217,000円(税込み)

         3日目申し込み:237,000円(税込み)

    始めに

    2015年11月にメールマガジンでインタビュアーの木村という人物から「主婦の方が簡単に稼いでいるという情報を得てインタビューさせていただきました。」という内容の動画が送られて来たので、興味があったのでどんな内容か調べることにしました。

    平田淳 みんなの4Kスクール 詐欺?返金?評判は?口コミは?暴露レビュー

1話:普通の主婦が秒速で稼ぐ驚愕のビジネスシステムとは?

 

インタビュアーの木村氏が、主婦の秋吉さんにインタビューしました。スマホをポチポチ押すだけで1日、45,000円の金額を稼いでいました。

1回に1分の作業を1日30分~1時間空いている時間に4回か5回やるだけで一月25~30万円の収入を得ています。

4Kリッチ会というのがあるそうで潜入取材しました。

毎月、50万円!100万円!250万円!と秒速で稼ぐ成功者がたくさんいました。

 秋吉さんが稼いだ記録・情報を見せてくれたわけではなく、本人が言っているだけに過ぎません。どんなビジネスシステムか質問しても、知らないというだけでした。

 4Kリッチ会にインタビュアーの木村さんが、会員に質問すると、毎月50万円、100万円、250万円と稼ぐ成功者が沢山いましたが、これも口頭申告なので真偽のほどはわかりません。

 

2話:200人以上に4Kシステムを再現してきたマスターとは?

4Kシステムとガチンコで対談してきました。4Kシステムとは何なのか?何故、それだけ簡単に稼いでしまえるのか?

マスターが一緒に働いてきた「ネット業界のカリスマ」の知られざる逸話についてもじっくりとお話を聞いてきました。

4Kとは、今日から!簡単に!考えずに!稼げる!だそうです。

 マスターが、稼いだ証拠として持ってきたパソコンを見ると、¥1、137、180の数字がありましたが、

 どこから振り込まれたのか一切わかりませんでした。マスターが稼いだ実績を見せてくれませんでした。

 普通は、販売者は、自分の稼いだ実績を見せてくれます。マスターは、あまり稼いでいないのではないかという疑問が湧きます。

 

3話:あなたの人生を一変させる4Kシステムの全貌を公開いたします。

平田氏は、与沢翼さんの側近として役員として働いていました。金融畑に長くいて経験があるわけでもないそうです。

しかし、与沢さんの所で働いたのに、退職金ももらっていないようでした。与沢さんのネオヒルズ・アカデミーは稼げずに炎上したようです。結局、与沢さんたちは、詐欺教材を販売していたような印象を受けます。

4Kシステムは、バイナリーオプションであることをついに、この動画で明かしました。しかし、与沢さんの所で様々なネットビジネスを見てきた割には、バイナリーオプションとは、がっかりです。

バイナリーは、1時間か10分待って今のレートが、上がるか下がるか2択を選ぶものです。

バイナリーの良いところは、1時間とか10分後待てば利益になり、即金性があります。

少額で(1000円)仕組みがシンプルで簡単にできて、リスクが限定されて即金性があるところです。

今日から簡単に考えずに稼げるのは、バイナリーしかないそうです。

いつまでも勝ち続けるのは難しいので、平田氏のシステムを使い彼の指示通りに行動すると稼げるそうです。

  平田氏は、バイナリーオプションの長所ばかり話して、欠点を全く話していません。

 平田氏は、金融畑に長くいて経験がないと言った時、お客さんを舐めていると思いました。

 それに、自分の実績を公開しないで高額商品を売ろうとする考えには、我々を馬鹿にしていると思いました。

 あの与沢氏達は、そういう考えでビジネスをしていたのかと悪印象を持ちました。

4話:あなたの成功を加速させるスクールの発表です。

 

 バイナリー自体が飽和をしない商品ですので全員が稼いでも何の問題もありません。

この4Kスクールは、投資をしたことがない、バイナリーをしたことがない人も成功できるように一から全ての仕組みを整えています。

誰もが月利30%です。教材は、動画とPDFです。オンラインシステム。メールサポート有。期間は3か月。4Kシステムを使用します。完全返金保証もあります。

 突然、「誰もが月利30%」と言いましたが、「月利30%」の意味がよくわかりません。

 誰がどのように保証するのでしょうか?大いに疑問です。

5話:あなたが成功するための全ての準備が整いました。

 目標は、月利30%です。

4Kシステムを使用:バイナリーに使う。通貨を選んで120円だったドル円が121円になるか、上がるか下がるかを教えてくれます。メールでシグナルでお知らせします。どの通貨を選ぶか。「ドル・円」か「ユーロ・ドル」。

1.準備(30分):アプリをダウンロード。システムの使い方を学ぶ。

2.(15分):シュミレーションする。小額から実践していく。実践する。

3.福利運用。税金対策。

 参加特典:4Kシステム。LINE@。

 先行特典(7つ)

完全返金保障:「条件」:シグナルを70%以上実践し、3か月後1円も稼げなかった人。

全額返金保証について

スクール期間内(入会後3か月)、シグナル配信通りに売買を行い、その結果、利益が上がっていなかった場合は、スクール代金を返金します。

その際、下記の条件を満たしている方が対象になり、事務局で審査し決定させて頂きます。

・スクール期間3か月間、シグナルの70%以上に対しルール通りに実際に注文を入れていること。

・毎回の掛け金が違った場合でも、すべて一定の金額で実施した形に換算し、利益が出たかの計算をすること。

・売買履歴(ログ)を提出して頂くこと。

  会員が長期実践した場合では、マイナスになる可能性がありますが、いくらかは稼げると思います。

 また、シグナルの70%以上に対し注文を入れるとありますが、忙しい会社員の場合などは、無理だと思われます。

 だから、この返金保証は、意味がありません。

      バイナリーオプションについて

 バイナリーオプションは、投資でなくギャンブルに近いゲームです。半丁博打は、サイコロを振って合計数字が、偶数(丁)か奇数(半)かを当てるゲームです。ギャンブルには胴元が存在します。

 胴元はゲーム場を提供する代わりにテラ銭(手数料)を徴収します。儲かるのは、胴元で期待値はマイナスです。

 マイナスゲームを続ければ、長期的には資金が減って行きます。バイナリーオプションは、半丁博打に似ています。

 そこで勝率を50%、テラ銭を10%とします。そうなると勝率を上げていく戦略が必要です。

 短期間に勝負が決まるので、極めて高度な戦略が必要なのでFXより難しいです。

 そのため金融庁が規制をかけました。

 バイナリーオプション規制スタート   2013年11月より 金融庁

「一晩で300万円稼いだ」――そんな夢のような本当の話が続出し、FXよりも手軽にできてガッツリ稼げたバイナリーオプション(以下BO)だが、あまりに賭博性が高いとされたため、’13年8月には日本独自の新ルールが設けられてしまい、同年11月には完全規制となった。

 特に「1分決済」、「10分決済」など短いスパンでのトレードが廃止、「購入から2時間以上後の決済」となり一日の取引回数が限定され、得られる利益も減った。

 その結果、規制直後は「勝てなくなった」と投資家たちから見放されていた。

 ほか、口座開設には20問ほどのテストに合格しなければならず、投資経験年数が規定に満たなければ口座開設ができないなど新規参入への制限も設けられた。

 そもそも、BOは簡単にいえば「為替相場が提示された額より、上か下かを予想していずれかに投資する」というシンプルさがウリで、判定時刻までの間に円安か円高かを予想し、当たれば配当が得られ、外れれば投資金が没収されるという商品。

 配当金の中に手数料がきちんと含まれているのでFXのような心配もないが、規制はこうした「丁半博打」のようなギャンブル要素にブレーキをかける目的があった。

 

  国民生活センターの注意喚起

海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意ください!-無登録業者との契約は行わないで!!- 2014年9月4日公表

 「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外業者とバイナリーオプション取引を開始したが、出金を求めても応じてもらえない」といった相談が、最近になって全国の消費生活センター等に数多く寄せられています。

 バイナリーオプション取引とは、為替相場等が上がるか下がるかを予想するもので、取引期間終了時(権利行使期限)に事前に定めた権利行使価格を上回った(または下回った)場合に、一定額の金銭(ペイアウト)を受け取ることができる取引です。

 予想がはずれれば、支払ったオプション料がすべて損失になりますが、短期間に繰り返し取引することができるため、損失額が大きくなるおそれがあります。

 トラブルになっている事例における相手方業者の所在地は海外にあります。

 日本の法律(金融商品取引法)では、日本の顧客との間で、バイナリーオプション取引などの店頭デリバティブ取引を業として行う場合は、海外業者も含め、金融商品取引業の登録が必要となりますが、これらの事例ではいずれも業者の登録は確認できていません。(注1)

 バイナリーオプション取引はリスクの高い取引であることを理解し、無登録の業者との契約は行わないようにしましょう。

  1. (注1)原資産が商品の場合は商品先物取引法が適用される。

 

 動画の中で警告「投資に係るリスクおよび手数料について」

みんなの4Kスクール 平田淳1-600x375

 これは、会員からの苦情が来た場合の対策と思われます。

  まとめ

1.平田氏は、バイナリーオプションの良い所だけ述べています。そしてリスクが限定されていると強調していますが、負けた時は、掛け金の全部を取られてしまいます。

 例えば1,000円賭けて負けたら損失は1,000円ですが、50万円賭けて負けたら損失は50万円になります。

2.平田氏は、自分の実績やノウハウを公開していません。口で儲かりますと言っているだけです。だから、不信感があります。

3.第5話では、カンペを読んでいて、「成功回避不可能」という文言は、サイバーやcollectでよく使われており、またかと思います。

4.平田氏は、2010年に株式会社COLを設立しています。また、株式会社Ruangの役員をしています。

 小西玲太郎さんと大森宏之さんと元与沢さんの会社にいた2人も所属しており、与沢さんのグループです。

 平田氏は平田淳から平田篤史に名前を変えています。これは検索から逃れるためか、何か後ろめたいことをしたのかと疑います。

5.シグナル配信ですが、平田氏はどういう判断材料で決めるのか明らかにしていません。

「1分決済」や「10分決済」がなくなり、「2時間以上後の決済」に変わったことは、利用者に取って判断に余裕が出来て良いことだと思います。「2時間以上後の決済」の場合でも、例えばラインが、上昇中であっても、突然、ノイズが入る場合があるので判断は難しいと思います。

 平田氏の指示に依存するのは、危険です。もし会員になったとしても会員はシグナル配信を見て研究する必要があるでしょう。

6.どこのFX会社を使用するのかは、平田氏が推薦するのか、会員が自分で決めるのかわかりませんが、FX会社選定は、大事になってきます。国内業者は、1,000円未満取引可能のところもありますが、信用のおける業者を選ぶことが大事です。

7.海外の業者は、出金に応じない悪徳業者があるようで危険です。また、日本に支店があって日本人が経営しているように見せかけて実は、本社は海外にあるという業者もあるので気を付けた方がよいでしょう。

8.管理人の判断は、色々と疑問点があるので「お薦めしない高額塾」です。

 

         評価:お薦めしない高額塾

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

人気ブログランキング

置手紙

管理人プロフィール

名前:Kabankalan

進撃の巨人 image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kabankalanと申します。
私は、アフィリエイトを2012年から始めました。インターネットビジネスで稼いでいく情報を集め、調査、研究をしています。
最近の傾向として動画を使用して巧妙にお客さんに買わせる詐欺情報商材の販売者が増えて来たように感じます。
このインターネット業界を正常に健全化するために少しでもお役に立てればと思っています。
今後ともこのブログをよろしくお願いします。

忍者アクセスランキング

忍者 画像RSS

最近のコメント

i2i

FXを学ぶ

このページの先頭へ