例:

コンテンツビジネスの研究「伝える方法」016

 

 和佐Illmatic通信016レポート「伝える方法」

 

 1.学び取ったこと、感じたこと

 

 人間に出来ることは、「知ること」「考えること」「伝えること」だと言われてビジネス能力についていえば確かにそうです。

 

 知る⇒考える⇒伝える⇒繰り返すを循環させるようにすれば進歩すると思います。私は「伝える」部分が苦手だと思った。

 

 伝えるということは、聞かせること、読ませることです。ビジネスに要求される能力は、「伝える能力」です。

 

 伝えることは、例えばマーケティング、コピーライテイング、パブリックスピーキング、セールスなどのプレゼンです。

 

 プレゼンの目的は、「人の心を動かすこと」です。メッセージを伝え人の心を動かすのです。

セミナー、メルマガ、セールスレター、マニュアルでつまらないと感じるのは、独り言が多く、説明に偏る場合が多いといわれ成程と思いました。

 

 どうすれば面白いプレゼンが出来るのでしょうか。

  • もったいぶる
  • 日常の話をする。
  • 趣味の話をする。
  • 経験の話をする。
  • 重要なことは繰り返す。
  • まとめを入れる。
  • 要約を入れる。
  • 新しい物かのように話す。

 

 この8項目はとても勉強になりました。今までこの要素を意識して話をしたりセールスレターを書いたりしたことがないのですごく為になりました。

 

 プレゼンをする時のマインドセットですが、彼らは集中していない、彼らは興味を持っていないなどと考えたことがなかったので参考になりました。

  

 大勢の聞き手を見ると、みな真面目に集中して勉強しようとしている姿を見るとこちらが緊張してしまいます。そして話が伝わるだろう、知っているだろうと思ってしまいます。このマインドを持てばプレゼンをやりやすくなります。

 

 2.最も重要なポイントだと思ったことを書く。

 

 ビジネスであらゆる能力が必要とされるが全ての根幹にあるのは「伝える能力」である。プレゼンの目的は「人の心を動かすこと」です。

 

 どうすれば情報を正しく伝え、心を動かすことが出来るのか?

 

 つまらないプレゼンの問題点は、「独り言」と「説明すること」でこれらは最もつまらないプレゼンやセミナーになる。

 

 伝えることで大事なのは話が面白いことで8つのポイントを考えてプレゼンすれば面白くなります。また、プレゼンのマインドセットは7つあります。

このマインドセットを持てば話がうまくなるでしょう。

 

  3.何故、重要だと思ったのか?

 

 伝える能力は、セールスレターでもメルマガでもセミナーでも教材でもありとあらゆる「伝える」という場で威力を発揮します。

 

 伝える行為で基本は、相手に聞かせる、読ませることであり、そうなればセールスでは、買いたいと思ってもらえるから重要なことです。

 

 人の心を動かすことが出来ればセールスは成功間違いないです。

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

置手紙

管理人プロフィール

名前:Kabankalan

進撃の巨人 image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kabankalanと申します。
私は、アフィリエイトを2012年から始めました。インターネットビジネスで稼いでいく情報を集め、調査、研究をしています。
最近の傾向として動画を使用して巧妙にお客さんに買わせる詐欺情報商材の販売者が増えて来たように感じます。
このインターネット業界を正常に健全化するために少しでもお役に立てればと思っています。
今後ともこのブログをよろしくお願いします。

忍者アクセスランキング

忍者 画像RSS

最近のコメント

i2i

FXを学ぶ

このページの先頭へ