例:

吉田昌史 THE・自由人 1億円ネットオーナーズクラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

「特定商取引法に基づく表示」

 販売会社:株式会社エム・マーケティング

 責任者:原田正文

 所在地:東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山1302

 TEL:03-5439-6285

 メール:support@mmark.net

 1億円ネットオウナーズクラブ 販売URL:http://mmark.biz/netownerbiz/sl02/

 THE・自由人無料オファーURL:http://www.plstep.com/netowner/lp01/

 THE・自由人非公開セミナーURL:http://mmark.biz/netownerbiz/thanks/#

    販売価格:¥1.200.000

   吉田昌史 THE・自由人  1億円ネットオーナーズクラブ  詐欺 危険 返金 口コミ 暴露レビュー

「はじめに」

kabankalan です。風邪をひいて体調が悪くなりかなり遅れたレビューになりました。すみませんでした。

THE・自由人というタイトルに惹かれて無料オファーに申込みました。誰でも自由に憧れるタイトルですね。

しかし、初月から30万・50万100万円とか、ネットオーナーで年収1000万円や1億円とか、誇大広告と思えるキャッチコピーで怪しいオファーと言う感じがしました。

 「キャッチコピー」

手持ち資金ゼロ、知識、人脈全く無しから
いきなりオーナー企業!

始めて数日で5万円~10万円の現金を手にし、
初月から30万・50万・100万と、
”不労所得”がどんどん積み上がり
全ての不自由から解放され遊んで暮らす

1年以内に年収1億円オーナーに上り詰める!
1億円ネットオーナーズクラブ

 

「第1話」           視聴回数:1739回

インタビュアーは、原田正文氏と福山祐大氏です。

原田正文氏は、「特定商取引法に基づく表示」をよく見ると株式会社エム・マーケティングの責任者でこの商材の良さをアピールする質問やまとめをしています。

近年、知識・人脈ビジネス経験ゼロの状態から、初月から30.50.100万円と定期的に収入が入り続けていって1年以内にビジネスオーナーという地位に登りつめる人たちが続出している。

そのような人達のことを「ネットオーナー」「THE自由人」と呼び、そんな方を今回、インタビューします。

その方の家を訪ね、インタビュアーが色々と質問していきます。

その人は、吉田昌史氏(29歳)で現在は、PC1台で世界を放浪する傍ら、ネットオーナーをしている。

日本に家がなく家族と世界中を旅している。

作業内容を聞くと、午前中に30分~1時間ほどで終わるそうです。

この1年間で100人前後に教えている。

ネット上に集客・マーケティングセールスをしてくれるシステムがある。

お客さんが来ている所に商品を投げ込めばいい。僕自身が集客出来ているネット上に池がある。

マニュアルを見れば売れる商品、売れるコンテンツが準備してある。

今回築き上げたのは、「丸投げネットシステム」です。

資金ゼロ、知識人脈ゼロ、ビジネス初心者、パソコンが苦手な方でも、初月から30・50・100万円の定期収入が続き、年収1000万、2000万円のオーナーになる。

これからの時代はリスクを分散させることが一番大事です。

リスクを分散させる方法は、「丸投げネットシステム」と「フランチャイズシステム」で上手に資産を分散させる。

この二つのシステムを人に教えることによってロイヤリテイ(著作権使用料、特許權使用料)を獲得出来る。

社長要らず、従業員要らずに自動的に回っていく。

 

  「第2話」           視聴回数:657回

吉田氏が模造紙を用意してこのビジネスの概要を説明した。

 

ステージ1:0→1→100、

0は何も稼いでいなくて、1は少しでも稼いだことを示す。100は、100万円稼ぐことです。

100万円は、システムで簡単に稼げる。

このビジネスの肝は何かと原田氏が質問したら、「転売」と答えたのでインタビュアーは、落胆した様子です。

吉田氏が、売れる商品を準備しているし、お金と時間がかからない。利益率40%の商品を扱っている。

丸投げネット定期収入システムで自動的に収益を上げる。

競合がないブルーオーシャン市場である。

初期投資不要、無在庫販売で自動的に回っていき、自分は設定するだけ。

 

ステージ2:100万から1000万円稼ぐ。

「フランチャイズ定期収入システム」を人に教えてロイヤリテイを得る。

 

 

 「第3話」 「ハワイ旅行」   視聴回数:627回

この動画の内容は、ハワイ旅行です。

 

  「第4話」           視聴回数:643回

「丸投げネット型定期収入システム」について。

このシステムは、梱包、発送、お客様対応もやってくれる。

システムに任せると24時間自動的に商品が勝手にお客様の自宅に届く。メールの返答もシステムがやってくれる。

僕がやっていることは、商品を並べるだけ。

初期投資については、無在庫転売が出来るのでリスクはない。これは、1,2か月しか持たない。

商品選定が大事ですが、「魔法の虫眼鏡」という売れる物がわかるツールがある。

売れる商品のラインアップが確定されている。

キーワードを入れると売れる商品が出てくる。「魔法の虫眼鏡」をPC画面で公開しました。

 

「魔法の利益計算シート」もPC画面で公開。

大事なのは、「原価」と「販売値利益率」と「利益率」です。

これがわかれば赤字になることはない。危険なゾーンがわかる。

尚、説明会に来ていただいた方には、「丸投げネットビジネス」「魔法の虫眼鏡」「魔法の利益計算シート」の種明かしをします。

 

   「第5話」         視聴回数:155回

「フランチャイズ型定期収入システム」について。

コンビニのローソン、セブンイレブン、ファミリーマートを思い浮かべて下さい。

店舗や売っている商品も殆ど同じです。同じものを売るから売り上げも同じ。

在庫もストックも同じ、システム、人件費も同じ。データに基づいてやっているのがフランチャイズ。

フランチャイズは、システムを売っている。

「フランチャイズ型定期収入システム」とは何か

「丸投げネットシステム」の稼ぎ方を仲間に教え、仲間からロイヤリテイ(権利金)を受け取ることで売り上げを

倍々に増やしていくシステム。

「フランチャイズシステム」の具体的な実践法を別の動画で説明しています。

STEP1からSTEP6まであります。

 

  「第6話」  Q&A      視聴回数:352回

この動画の内容は、Q&Aです。

 

「第7話」 1億円オーナーズクラブの説明  視聴回数:221回

1億円ネットオーナーズクラブの詳細をお伝えします。

1年間をかけてネットオーナー仲間を育成する。

限定100名募集。カリキュラムは、2つに別れている。

1.メイン講座:丸投げネットシステム、魔法の虫眼鏡、魔法の利益収入システムの構築、運営の方法。

サポート期間:5か月間で全4回のメイン講座。

2、残り7か月間は、サポート期間:メールやFacebookで質疑応答。、フオローアップのセミナーの開催。

1.メイン講座の詳細。

1回と2回、丸投げネットシステムの全てを伝える。2日間の合宿。

3回:フランチャイズシステム。

4回:オリジナルブランド作成、ブランディング戦略、流れ、企画、商品発注を教える。

競争に巻き込まれないブルーオーシャン市場。

宝島ツアー:過去に工場から問屋を経由していたが、最近は工場から直接仕入れている。

原価2000円掛かっていたものが、500円とか数百円で商品を仕入れることが出来る。

 

「8つのバックアップシステム」。

1.丸投げテンプレート集、魔法の虫眼鏡、魔法の利益計算シートを提供。

2.メンバー限定のFacebookでグループメンバーの交流。

3.バディ制度:メンバー同士2人1組でお互いの進捗状態を管理。

4.吉田氏が地方に行ってフォローアップセミナーを開催。

5.全4回の本講座は、プロのカメラマンが撮影、録画、公開する。

本講座に参加出来ない方に動画を配信。

6.質問回答をビデオや音声で伝える。

7.海外工場の人脈のビジネスパートナーを紹介。

8.クラブメンバー限定の会員サイト。

 

「参加特典」

1.売れる商品を上げる(30~50万円相当)。

2.丸投げネットシステム利用権を無料。

3.丸投げネットシステムの代理店権利。販売50~100万円。

4.超少額の海外不動産投資ノウハウ。

 

 「まとめ」

このネットオーナーズクラブのビジネスモデルは、「中国輸入転売」です。

吉田氏は、「転売」としか言わず、「中国輸入転売」とは、動画を通して明かしていません。

それは、何故かと言うと「中国輸入転売」を始めた人達は、稼ぐことが出来ずに撤退した人が多いからです。

宝島買い付けツアーは、販売ページに書いてありました。

第1回は、中国で3月25,26日。第2回も中国で4月22,23日でした。

これで「中国輸入転売」だとわかりました。

このようにビジネスモデルを動画ではっきりと視聴者に明かさないオファーは信用出来ません。

1億円ネットオーナーズクラブの販売URLを見てやっと中国輸入転売と予想出来ました。

吉田氏が、中国輸入転売とはっきり言わないところをみると自信がないからでしょう。

 

「問題点1」 中国輸入転売は問題が多い。

中国製品は、安いが品質が悪く、コピー製品や不良品が多いので購入者のクレームが多い。

そのクレーム対応に追われ、また中国側に返品を要求してもなかなか応じない。

従って時間がかかり、また品質の良い製品をすぐには調達出来なくなり、購入者からの信用を失う。

そのため利益を上げることが出来ず、撤退する人が多い。

 

「問題点2」 無在庫転売は、リスクがある。

第4話で、「初期投資については、無在庫転売が出来るのでリスクはない。これは、1,2か月しか持たない。」

と説明しています。

販売先は、販売URLをクリックして販売ページにamazon書いて有るのを見つけました。

「amazonへの商品陳列方法」と書いてあったので販売先がわかりました。

吉田氏は動画で販売先に言及していません。

「メルカリ」「amazon」「楽天」や「ヤフーショッピング」などのショッピングサイトがあります。

販売先の「amazon」や「楽天」や「メルカリ」は、無在庫転売禁止となっています。

違反がみつかれば、アカウント停止になり、二度とそのショッピングサイトは、永久に使えなくなります。

だから、1,2か月しか持たないと言っているのでしょう。

1,2か月の短期間に稼いでその資金を在庫販売しなさいということでしょう。

こういう大事な情報を教えず、ネットビジネス初心者に、誰でもすぐに稼げると強調しているのです。

だからこの高額塾は、信用出来ません。

 

「問題点3」 転売は、資金や在庫の問題がある。

100万円の利益を出すには、利益率が30%としても300万円の仕入れ資金が必要になります。

大きく稼ぐには、資金の問題や在庫の問題があります。

 

「問題点4」吉田氏は以前に、「丸投げインポーター」という中国輸入転売の教材を販売した。

吉田氏は、中国輸入転売のノウハウで説明会を8000円で開催した。

説明会の会場で、約90万円の高額塾の勧誘を行った。その高額塾の評判は、悪かった。

 


 

 

 

 

 

 

 

「丸投げインポーター」

1日20分、1か月60万円。1day セミナー〇期性募集説明会。

魔法の虫眼鏡を使って売れる商品を探し、「秘密の宝島ルート」にメールするだけ。

 

「問題点5」フランチャイズシステムは、マルチ商法。

ノウハウを売れば、紹介料としてマージンが入るシステムでマルチ商法です。

ねずみ講をイメージするとわかりやすいです。

しかし、月100万円を稼ぐには、最低300万円の売り上げが必要でそのうえ、

中国輸入転売は不良品が多く、クレーム対応に追われるが、そのようなノウハウを人に勧められるだろうか。

 

「問題点6」返品・返金は受け付けない。

特定商取引法に基づく表示には、返品・返金について下記のように書かれています。

「返品・返金について」

 クレジットカード決済、銀行振込、代引き
【返品・不良品について】データが壊れている等、商品に欠陥がある場合は交換させていただきます。情報という商品特性上、基本的には返品・返金はお受けしませんが、販売ページに返金保証等が付く場合はそちらを優先します。

 

「問題点7」オーナーズクラブ費用120万円は、高額過ぎる。

ネットビジネス初心者の方で転売を実践したい方は、2~3万円の教材で少なく稼ぐ方法を身に着けた方が良いのではないかと私は思います。

例えば、転売教材として次の物があります。

「おこずかいWAKU湧くアカデミー」14,800円 、「まずは5万~10万円を稼ぐ」

http://tinyurl.com/juw8mdb

「セドクエ 加藤賢一、SEDORI QUEST」サポート無し、先行特別価格:22,800円。

60日間サポート付、先行特別価格:32,800円。

http://sedotube.org/sedotube/

 

「評価」

 

    危険高額塾 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

人気ブログランキング

置手紙

管理人プロフィール

名前:Kabankalan

進撃の巨人 image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kabankalanと申します。
私は、アフィリエイトを2012年から始めました。インターネットビジネスで稼いでいく情報を集め、調査、研究をしています。
最近の傾向として動画を使用して巧妙にお客さんに買わせる詐欺情報商材の販売者が増えて来たように感じます。
このインターネット業界を正常に健全化するために少しでもお役に立てればと思っています。
今後ともこのブログをよろしくお願いします。

忍者アクセスランキング

忍者 画像RSS

最近のコメント

i2i

FXを学ぶ

このページの先頭へ